スポンサーサイト
2006.08.01 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
就職活動はマッチング
2005.06.30 Thursday 23:23
6月も今日で終わりですねー。

そろそろ就職活動も終わりに近づいているのでしょうか。
私の周りでも就職活動は終わりつつあるようです。
まだ決まっていないという人も自分にマッチした就職先を見つけて頑張ってほしいです。

頑張れっ!

就職といえば,先日宇宙の音楽について書いたときにもでました宇宙航空研究開発機構(JAXA)も新卒採用をすべて終了したそうです。

JAXAの採用担当の方はブログを書いていて,採用担当者側の意見や情報が毎日のように読めるのは採用試験を受ける人達にとっても面白いのではないかと思いますね。
JAXA採用担当者ブログ

そして,採用担当者もすごくいい人のようです。
やっぱりこういう機関では,スゴイ人達が働いているんでしょうかね。

就職活動は採用される側とする側のマッチングですから,お互いが情報を提供していく必要があるでしょう。採用される側は面接等の採用試験の中でそれを行っていくんでしょうが,採用する側からのこういったアプローチも面白いと思います。

新しい試みはどんどんやっていってほしいっ。

就職のことについて書いてますが,私も博士課程まで進むとなるとその後の就職が不安。。。
| BESTMAN | Recruit | comments(8) | trackbacks(1) | pookmark |
剣山型人間
2005.05.18 Wednesday 23:50
「T型人間」や「π(パイ)型人間」というのは聞いたことがあるでしょうか。

「T型人間」とは自分の専門分野については深い知識を持ち,その他の分野については広く浅い知識を持つ人のことを言うようです。また,「π型人間」というのは2つ以上の専門分野をもつことで,その組み合わせにより,他人との差異化をはかることができる人らしいです。

たしかに就職活動中に『「T型人間」のような人になって欲しい』とか『誰にも負けない専門分野を1つは持ち・・・』などという話しをよく聞きました。
そこで,少し調べてみますと,「T型」は結構以前から言われていて,「π型」も15年くらい前の書籍のタイトルになっていることから考えると前から使われていた言葉なのでしょう。


で,じゃあこれから望まれるのは何なのだろうか?

と,思って調べると「剣山型人間」っていうのがありました。一般的に使われている言葉なのかどうかは分かりませんが,つまり自分の得意とする分野を1つや2つではなく,もっとひろーくということのようです。この他にも「櫛(くし)型人間」ってのもありました。たぶん意味は同じでしょう。

つまり,これからは自分の専門分野だけやればいいってことではなくて,もっと他のこともひろーく・ふかーくやって,その深い知識の組み合わせによって新しいものの考え方ができる人がいいのでしょう。
これは,博士号をとって研究をする人も例外ではなく,自分の分野に知識が偏ってしまうと「融通の利かない人」と思われて就職する上でも働く上でも弊害がでるということでしょうか。博士号をとっていたり,博士課程にすすんでいたりすると就職するとき余計に『知識が偏ってないか〜?』とかチェックされそうですけど,実際はどうなんでしょうね。

といっても,広く深い知識って。自分の専門分野も分からないことだらけなのに〜。
でも,やっぱりたくさんの知識を身につけておいた方が何をする上でも役には立つでしょう。

なので,私も「剣山型人間」というのを目指してみたいなとは思うんですが,そんな余裕あるのか〜てな状態です(ToT

が,がんばらないと。大変です・・・と思いました。
| BESTMAN | Recruit | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/1 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
TAG FRIENDS
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM